読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念の予想2016。ファン投票の馬が集う夏のドリームレース。

宝塚記念の予想や見解をアップしています!宝塚記念の予想に少しでもお役立ていただければと思います。

ゴールドシップ宝塚記念に向けて絶好調。横山騎手の「お願いスタイル」の徹底ぶりがスゴイ。

宝塚記念出走に向けて、そして史上初となる3連覇に向けてゴールドシップ栗東ウッドチップを駆け抜けた。

6/17(水)の1週前追い切りで出たタイムは6F78秒2ー38秒2ー12秒5の好タイム。この全体時計でラスト12.5秒前後は好評価。当日の気分次第というところは相変わらずだが、調子が良いことは間違い無さそうだ。

先週の追い切りに続いて横山騎手が実際に背に乗り感触を確かめ、「今日はお利口さんだったな。よほど機嫌が良かったみたい。」とコメントしている。機嫌が良いだけではなく、馬体の方もしっかりと仕上がってきているからこその好タイムだろう。

ゴールドシップ,調教


横山騎手の「お願いしますスタイル」は今回の宝塚記念でも変わらなそうだ。ゴールドシップをいかに気分良くさせるかということに関してはこの男が一番優れているのではないだろうか。

ゴールドシップ,調教


ゴールドシップは賢い馬で、厩舎の馬房の中でも自分がボスだと思っているだろうし、レース当日も強い馬が近くにいると威嚇するほどボス気質な馬である。馬相手だけでなく我々人間に対しても同じである。以前細江純子さんのコラムでゴールドシップの記事を読んだことがあるのだが、以下のように記述している。

過去、内田騎手がこの馬に騎乗する際には、地下馬道から喉が嗄れるほど叫んでおられ、ゲートイン間際には、「ウォー・ウォー」と吠えていたこともありました。今にして思えば、なめられる前に内田騎手が吠え、ゴールドシップを威嚇し、力関係を兼ねての戦いが行われていたのでしょう。 それにしても普段から馬のみならず人間をもなめてかかるゴールドシップ。今回の姿に、改めて日々この馬に接する方々の勇気と手腕を感じずにはいられませんでした。
ホソジュンのウマなりトーク「第51回 類いまれな闘争心~吠えるゴールドシップ~」


この記事の内田騎手の姿勢とは真逆のスタイルで乗っているのが今の横山騎手だと思う。あくまで馬に「お願いをする姿勢」で騎乗し、レースをいかに気持ちよく走らせるかというところに重点をおいている。レースを勝ちにいく姿勢よりもゴールドシップを気持ちよく走らせるというところに力を入れ、どうしても馬まかせなところが大きい気がして、筆者個人としては騎手としてどうなのか?と疑問に思う部分もあるが、ゴールドシップを気持ちよく走らせることがレースの勝利に繋がっているので、やはりこのスタイルを貫く横山騎手は騎手としては最高の仕事をしていると思う。
前走の天皇賞・春ゴールドシップで制した際の勝利インタビューは、彼の仕事の徹底ぶりがよくわかる内容となっている。





そしてやはり横山騎手自身も、ゴールドシップと少なからず闘いながら乗っているということもわかるインタビューである。今年の宝塚記念においてもその仕事っぷりは徹底しており、本番に向けて順調にゴールドシップを最高の状態に持って行ってくれていっていると感じる。レース当日も、気持よく走るゴールドシップを負かそうという馬がいるならきっとこの馬は黙っていないだろう。



宝塚記念3連単予想実績★
'13年、'14年と2年連続3連単的中!
昨年2014年の宝塚記念3連単を見事的中させた。11番ゴールドシップから中穴狙ったフォーメーションで見事に3連単を的中↓

宝塚記念,三連単的中,2014

馬券種:三連単
買い目:⑪-⑤-③
配当金:251,440円
購入費:800円
+250,640円


一昨年の'13年はちょっとセコいフォーメーションで買い目も多かったのだが、とりあえずプラスに。2連勝中だった人気薄のローゼンケーニッヒと叩き2戦目のヒットザターゲットの好走に期待して高配当も期待していたが割りと硬めの決着だった↓

宝塚記念,三連単的中,2013

馬券種:三連単
買い目:⑩-④-⑪
配当金:23,420円
購入費:16,800円
+6,620円

宝塚記念3連単の予想を知りたい人は競馬のメールマガジン3連単1点勝負」がオススメ。昨年の宝塚記念3連単的中でもお世話になった無料のメルマガだ。レースの3連単の買い目はもちろん、競馬新聞には載っていない有力な情報が無料で読めるのでチェックしておくべし!予想は下記リンクより無料で閲覧可能!↓↓

f:id:takarazukakinen:20150610155900g:plain
→宝塚記念の3連単の予想はコチラ!【0円】